ジェルネイルを固めるUVライトで日焼けする?

ジェルネイルをする時に手を入れるUVライトって日焼けしないの?
ずっとジェルネイルを続けてると色が黒くなるの?
UVってことは紫外線と同じなの?日焼けしそうで心配・・・

 

当サロンでもジェルネイルを固めるUVライトで日焼けの心配をされる方が時々いらっしゃいます。

とくに定期的にジェルネイルをしている方は、一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

今回は、ジェルネイルを硬化させるUVライトで実際に日焼けをしてしまうのか?という疑問についてお話します。

 

  ジェルネイルのUVライトで日焼けしてしまう?

 

日焼けするのか?しないのか?

ここが一番気になるところだと思いますので、先に結論からお伝えしますが

UVライトで、日焼けをしてしまうことは、ほとんどありません。

紫外線の種類は後でお話しますが、UVライトの紫外線は、

日焼けやシミの大きな原因となる太陽光の紫外線とは、種類が違うからです。

しかし、すべての方に日焼けに関する影響がないとも言い切れないのが正直なところです。

 

  UV(紫外線)の種類って?

 

UV(紫外線)には、下記の3つの種類があります。

  • A波:肌への影響が極めて少ない紫外線。長期間浴び続けると影響がでる。
  • B波:肌への影響が大きい紫外線。短時間でも影響がでやすい、いわゆる屋外っでの日焼け。
  • C波:オゾン層で遮断されるので、地表には到達しないが有害な紫外線。

3種類のうち、日焼けに関係するのはB波です。

太陽光の紫外線は、そのほとんどがA波で構成されていますが、わずかに含まれるB波のエネルギーが強く

短時間浴びるだけでも、肌が赤くなったりして、日焼けの原因になります。

一方でUVライトのUVは、A波のみを発生させてジェルを固めています。

また、UVライトをあてる時間は1回に約1分程度で、

ジェルネイルの施術時間をトータルでみても、UVライトに当たっている時間は約10分程度の間です。

短い時間であること、影響の少ない紫外線A波のみの発生させている、ということから考えても、

UVライトによる日焼けは、太陽光と比べると、日焼けしてしまう可能性は極めて少ないといえます。

そして、日焼けの原因のもう一つは光の強さにあります。

光の強さ=紫外線の量の単位は、W(ワット)で表しますが、数が少ないほど日焼けの影響は少なくなります。

UVライトの光のエネルギーは、一般的なUVライトで36W(ワット)前後の極弱いものになります。

ちなみに日焼けサロンで使用されているものが12000W(ワット)前後といわれているので

UVライトは、日焼けサロンのUVライトと比べ、約300分の1の紫外線量になります。

UVライトは、A波のみの発生で弱いエネルギーの光のため、日焼けはしにくいといえるでしょう。

しかし、日焼けの可能性がゼロではありませんので、

  • かなりの敏感肌の方
  • 手の乾燥のひどい方
  • 紫外線にアレルギーのある方

このような方は、微量の紫外線でも影響がないとは限りませんので

保湿ケアをしっかりとして、肌を整えておくことも日焼けを防ぐ、大切なポイントです。

肌のトラブルは特に無いけど、やっぱり気になると言う方も、日焼け対策を行うと安心です。

 

  どうしても日焼けが気になるときの対処法

 

日焼け止めを塗る

 

一番簡単な方法は、日焼け止めクリームを塗ることです。

ただし、日焼け止めクリームを塗るときには注意が必要です。

ジェルネイルを付ける時には、爪表面に余分な油分などがあると、

ジェルが爪の表面にが密着しずらく、すぐに剥がれてしまう原因となります。

ネイルサロンではジェルネイルの施術の前に、下処理として、爪表面の油分や水分の除去を行っているので、

多少の日焼け止めクリームが付いていても、大抵の場合は除去することができます。

ですが、爪や爪の周りにまでクリームを刷り込んでしまっていると、

浸透している油分などを除去しきれない場合もあります。

日焼け止めクリームを塗るときは、爪表面に付着しないようにできる限り気を付けましょう。

また、施術の前に日焼け止めクリームを塗っていることをネイリストに伝えるのも忘れないようにしましょう。

 

指先の開いているUVグローブをつける

 

UVグローブで指先の開いているものをつけるのも良い方法です。

その時に気をつけたいことは、毛羽立ちのある生地を避けることです。

ジェルネイルは固まるまで表面はベタついている状態ですので、毛羽たちがあると繊維などは付着しやすくなります。

手袋をつけたい場合は、事前にネイリストに相談しておくと安心です。

UVライトでの日焼けは、ほとんどないのですが、それでも心配な方は、

紫外線対策をして安心してジェルネイルを楽しんでくださいね。

 

 

 

 

関連記事

  1. ハンドジェルフットジェル
  2. 足のお手入れ
PAGE TOP